ホーム > 館内のご案内 > 講堂(定時映画上映プログラム)

講堂(定時映画上映プログラム)

講堂

定時映画を上映しています。
3本ともピースおおさかオリジナル作品です。

※これらの作品は、ビデオ・DVDでの貸出もできます。

講堂

上映プログラム

平常の開館日に、1階講堂で映画を上映しています。上映時間と内容は下表の通りです。団体の方は事前にご予約ください。
※特別企画などで講堂を使用する場合は、上映を中止または変更する場合があります。(土曜日午後2時からは「ウィークエンド・シネマ」を上映します。)詳しくはお問い合わせ下さい。

1回 10:30~11:00
(アニメ)学童疎開 『十六地蔵物語』
終戦の1年前の1944(昭和19)年9月、大阪市の南恩加島国民学校の3、4年生が徳島県貞光町に集団疎開をしました。国内各地に空襲が予想され、国は、将来の兵士を確保するためといって、国民学校(小学校)3年生から6年生の子どもたちを疎開させることを政策としたからです。学童疎開先で、犠牲となった子どもたちの姿を通して、戦争の悲惨さについて考えるアニメ作品です。
2回 11:30~11:50
(アニメ)消えさらぬ傷あと 『火の海・大阪』
1945(昭和20)年、無差別の大阪空襲の中、逃げまどう人々。多くの尊い命が奪われました。その中で幸子も焼夷弾の破片によって右腕を切り裂かれました。平和を願う子どもたちに、戦争体験者の声と実話をもとに戦争の恐ろしさをアニメーションで描き、人の命、平和の大切さを訴える作品です。
3回 14:00~14:30
(アニメ)学童疎開 『十六地蔵物語』
上記1回目と同じ内容
4回 15:30~16:05
『大阪大空襲―焼きつくされた大阪の街―』
長い平和と繁栄の中で、私たちはともすれば平和のありがたさを忘れがちです。この作品は、現在の平和が過去の戦争の大きな犠牲の上に築かれたことを思い起こさせ、「大阪大空襲」を永遠の平和の原点として訴えます。終戦直後、大阪が廃墟と化していたことを示す米軍撮影のフィルムも中で使われています。